<< ひと時の涼 | main | 我が家の “ボンボン” ひろみちゃん >>

我が家の箱入り娘

0
    早いもので今年の3月に2歳になるサクラ。
    体重31キロ。・・・大きく育ってくれました。
    たまに子犬の頃の写真を見ては「もっと写真撮っとけばよかった〜」と
    後悔するほど数が少ない。
    あれよあれよと言う間に大きくなってしまった・・・と言うのが理由。
    でも先住犬のひろみと比べると写真点数がホントに少ない。
    これは2人以上子供のいる家庭の兄弟の写真の数と同じ。
    我が家も上の子は幼児の頃の写真がアルバムにこれでもか!と言うほど
    あるのに比べ、下の子はそれの半分あるかどうか・・・おまけに後で
    生まれたので(あたりまえ)下の子の写真には必ず上の子も登場。
    未だに下の子の愚痴の種になっています。

    そんな愚痴も言わないサクラですが、まじまじと見ると(イヤ、チラ見でも)、
    ホント美人!と惚れ惚れしてしまいます。(と、この辺りはただの親バカ)

    仕事柄、周りの人からはひろみもサクラも「よっぽど躾けされているんで
    しょうね」と思われているようです。

    勿論、人に迷惑をかけないようには育てていますが、2匹ともそれ程芸達者では
    ありません。
    指示も「お座り」「伏せ」「待て」「来い」「お手」「おかわり」それに加えて
    サクラは「持ってこい」「ドロップ」くらいしか教えてません。

    おまけにサクラは少しビビリンボさんで、家の前を人が通ったら吠え、
    ゴミの収集車来れば吠え、救急車の音が聞こえれば遠吠え・・・と、サクラは
    何かあればすぐ吠える・・・と言うのが家族間では定着してます。

    先日もサクラの吠えで目が覚め、時計を見ると朝の2時過ぎでした。
    「こんな時間に勘弁してよ〜」と思い「静かに!」と半分怒鳴って機嫌悪く
    寝なおしたのですが、数日後サクラが吠えた夜にご近所さん2件に
    空き巣が入った事を知りました。
    よくよく聞いてみると犯人は車で来て2件に入り車で逃走したらしく、
    時間は朝の2時〜2時半位・・・と言う事でした。

    その車の音に吠えていたであろうサクラに怒った事を後悔したのは言うまでも
    ありません。

    人によっては、ただの「無駄吠え」と思うかもしれませんが、私にとっては
    便利な事も多々あります。
    朝の忙しい時間、洗濯を干している時サクラの「ワン!ワン!」で
    「アッ!今日ゴミの日、早くゴミ出さな・・・」又は廃品回収の日のサクラの
    「ワン!・ワン!」で「アッ!今日廃品回収の日、早く新聞紙出さな・・」と
    思い出させてくれます。

    とは 言うものの たまには「そんな事でいちいち吠えなくても・・・」と
    思う事もあります。
    ・・・が、私が外から帰って来た時、又は寝ているさくらに私の機嫌で
    話しかけた時等でもサクラは何時も何とも言えない嬉しそうな顔をし、
    耳をピタッと頭に付け、尻尾を振りながら私にすり寄って来てくれます。
    そんなサ クラを見ると少しくらい些細な事で吠えたって、そんな芸達者じゃ
    なくったって、ただただ側にいてくれるだけで私は満足
    ・・・そして幸せを感じます。

    動物の癒しパワーに勝るものは無いような気がします。

    サクちゃん!これからもよろしくね!

    Don't worry, Hiromi . You are next だよ〜ン
    ・・・と言う事で次回は我が家の先住犬ひろみちゃんです。
    カブリーニ * ペット * 17:45 * comments(0) * - * -

    コメント

    コメントする









    このページの先頭へ